給食

給食

国産の「いわし節」「宗田節」「かつお節」のみでつくった「栄養だし」。
イワシを節加工(燻し加工)し、骨も含め魚丸ごと粉末にしているので、カルシウムが豊富で、砂糖・塩が無添加なので塩分も少なく、安心してお使いいただけます。「栄養だし」は販売開始以来約85年間、魚を丸ごと食べる「全体食」の重要性と効用をお伝えしてきました。おかげ様で、千葉県内だけでなく東京都立川市、山形県、福島県など複数の自治体の保育園給食にも広まって参りました。

業務用サイズでの販売もできます。まずはサンプルをお気軽に申し込みください。

栄養だし

サンプル申し込み

栄養だしの3つの特徴

1.一般だしの約1/30の塩分量

化学調味料を使用した出汁では、1gあたり0.34gの塩が使用されており、これだけで生後半年の赤ちゃんの1日の塩分摂取量に相当します。
しかし「栄養だし」の塩分は1gあたり0.01g。一般だしの約1/30に塩分量を減らすことができます。

塩分量 表

2.イワシ丸ごとだからカルシウムが豊富

イワシには「肉間骨」という小骨があり、この小骨こそがイワシのカルシウムのもとになっています。
「かつお節」は頭、内臓、骨を取り、節加工されますが、「いわし節」は水揚げ後新鮮なイワシを丸ごと節加工し、骨も含めて魚丸ごと製粉するので、カルシウムをはじめタンパク質、鉄分などの栄養素が豊富です。
「栄養だし」は約80%が「いわし節」です。

栄養成分 100gあたり

カルシウム 鉄分 たんぱく質 食塩 エネルギー
2,090mg 15.8mg 66.3g 1.44g 359kcal

3.原材料は国産の魚のみ! 砂糖、塩は無添加!

「栄養だし」の原材料は、国産の「いわし節(千葉産)」を3種類、「宗田節(高知県)」「かつお節(鹿児島県)」です。
これらすべて節加工といって燻しており、魚臭さがなくなります。
さらにイワシ3種類を独自のバランスでブレンドすることで、栄養と旨味のバランスを整えています。そうすることで化学調味料はもちろん、砂糖や塩が無添加でもおいしさが引き立ちます。
またこの節加工は、かつお節をつくる日本古来の加工法で、自然の酸化防止効果があると言われており、保存料、酸化防止剤も不使用です。

原材料

給食として選んでいただいた保育園、小学校の声

  • カルシウム、鉄分が豊富で小魚嫌いのお子様にも容易に、気にならないで食べられる。
  • だしを替えてから園児の保護者が、保育園のみそ汁の作り方を聞きにくるようになった。
  • おいしい!少し使うだけでもコクが出る。
  • そのまま粉末を食べてしまえるので、ゴミが出なく、調理の作業性に◎。
  • 身体にも環境にも優しい。
  • 塩分が控えめ! 化学調味料の1/30はすごい!
  • 粉末だから「だし」が出やすく経済的! だしの使用料が1割減りました。
  • ちょっと入れるだけでも旨味が出るので助かります。
  • 炊き込みご飯の隠し味などさまざまな調理で使える。
  • うどんやそばの汁を全部飲んでしまっても塩分が気にならない。
  • カレーうどんのかくし味に使ったら、コクが出た。

栄養だしを使った料理例

料理例

保育園のおやつに「栄養だし」をまぶしたおにぎりが人気です。
給食ではカレーに「栄養だし」を入れて、カレーうどんにしたり、
焼きそばや、おひたし、煮物などの隠し味にお使いいただけます。

水に浸けることにより一層「だし」が出やすく

「栄養だし」は調理の一番最初に栄養だしを水に
浸けることをおすすめしています。
右の写真は冷蔵庫で1晩水出ししたもの。

まずはサンプルをお気軽に申し込みください。

サンプル申し込み

料理例
ページトップへ